転職するのに最も良いタイミングを見極めよう

薬剤師の平均勤続年数は約3年との調査結果があります。そういった意味では、3年目の時期に転職を考え、新たな職場へ向けての転職活動を始めるタイミングと考えていいかもしれません。薬剤師の場合、ほかの職業と比べて、一般的に、短いサイクルで転職する傾向が濃厚です。
国家資格を持っているので就職に困らないという側面もありますが、他方、自分が理想とする職場を見つけ出すために転職していくというポジティブな発想の人が増えてきたのも事実でしょう。薬剤師が転職するベストなタイミングというのは、その仕事内容や今の職場の状況によって異なっています。
たとえば、新人の導入研修がしっかりしていて、また、人数にもゆとりがあり、研修体制が作られている職場であれば、もし急に薬剤師の退職が発生しても、大きな問題なく対応できることでしょう。

しかし、業務内容が複雑で、後任者への引き継ぎに時間がかかったり、最低限の人数の薬剤師で仕事を回している職場であれば、転職を希望していても切り出しにくく、薬剤師さんが転職をあきらめてしまったという事例もあります。また、次の職場を決めた上で退職を申し出たとしても、上司から、引き継ぎが完了してから退職するように言われ、次の職場に対して、入社日を遅らせるように依頼しなければなりません。これは、大変な迷惑をかけることになります。こういった事態を避けるために、まずは、退職する前に、自分の現在勤めている職場の状況を見直すことが必要になってきます。
退職の申し出のタイミングは、職場が混乱しそうであれば、少し早めの時期に退職を申し出ておくのが安全です。職場のほうにしてみれば、新しい人材を求める広告を出したり、面接を実施したり、いろんな作業が必要なのです。引き継いだ後任者が自分で判断して行動できるようになるまで、と考えれば、退職予定の半年ほど前に申し出るのが望ましいタイミングとなります。基本的には、2カ月以上前、そして、半年以内というのが退職申し出タイミングの標準と言えるでしょう。

おすすめコンテンツ


Copyright c 薬剤師キャリアガイド All rights reserved.